最近中国で話題になっているトピックやニュースをご紹介します

  1. トップページ
  2. >
  3. トレンド
  4. >
  5. トピック
  6. >
  7. トピックの詳細

アリババが共同購入サービスのGrouponに出資。多国籍展開のノウハウを得るためか?

2016年2月21日騰訊新聞

2月12日ニューヨーク証券取引委員会に提出された報告書によって、アリババグループが共同購入サービスGrouponの株式3297.2万株を取得したことが明らかになった。これはGrouponの浮動株全体の5.6%にあたる。この情報を受けて週明けの2月16日、Grouponの株価は40%以上も上昇した。

Grouponの株価は2011年10月の上場時1株当たり28米ドルだったが、1週間前の時点で1株当たり2.15米ドルとなり、上場来最安値を更新していた。アリババが決して順風満帆とは言えない状況にあるGrouponの株式を取得した意図は何なのだろうか。今後も株式取得を継続して最終的に同社を買収するための第一歩なのだろうか。はたしてGrouponはアリババにどんなメリットをもたらすのだろうか。

アリババがGrouponに興味を持った理由のひとつにGrouponの共同購入サービスがあるのは間違いない。株価が割安な現在なら社内でサービスを構築するよりも時間とお金を節約できると考えるのは当然だろう。

しかしそれ以上にアリババが求めているのはGrouponの持つ多国籍展開のノウハウではないだろうか。現在Grouponは世界28ヵ国でサービスを提供しているが、以前は最大45ヵ国でサービスを提供していた。サービス提供国は縮小傾向にあるものの、このような多国籍展開を通した成功や失敗の経験には他では手に入れがたい価値がある。アリババは今後自社のサービスを世界各国に水平展開するためのノウハウを喉から手が出るほど欲しているのだ。

初めてご利用の方はこちら
CNNECTについて
無料会員登録はこちらから
新規会員登録
会員登録がお済みの方はこちらから
会員ログイン
淘宝・アリババの全商品を注文可能
CNNECTツール
重量とサイズから概算送料を計算
国際送料の計算
営業カレンダー
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
トピック
2021/10/9
イタリア高級ブランドのPRADAが上海の野菜市場をジャック

2021/9/24
人気動画配信者収入ランキングから中国芸能人がこぞってライブコマースを始める理由が明らかに

2021/9/20
『ICICLE之禾』が日本に初出店。今後3年間で5店舗を開店予定。
最近の到着レポート
届きました。 いつも、ありがとうございます。
報告日時2021年10月19日 14:50

今回も利用させていただきました。届いた商品は、注文時のページの写真とちゃんと照らし合わせて確認しないと、届いてからあれ?ってなることが多いです。 それでも、写真を送っていただけるだけ本当に助かっています。色違いや、商品のディティールがまったく違うなどがありますが、わりと高い確率で返品ができません。完全に間違っていてもダメな場合が多い、どうしようもないのでしょうけど、日本のようにはいきませんね。
報告日時2021年10月18日 16:29

無事に届きました。 ありがとうございました!
報告日時2021年10月17日 13:13
よくある質問