1. トップページ
  2. >
  3. CNNECTについて
  4. >
  5. 中国ECサイトの特徴

中国ECサイトの特徴

このページではCNNECTを通して輸入できる中国の各ECサイトの特徴をご説明します。

淘宝(タオバオ)

淘宝(タオバオ)は2003年5月にスタートした5億人以上のユーザーを抱える中国で最大のECプラットフォームです。天猫や1688と同じアリババグループによって運営されています。個人や小規模企業が無料で出品できるCtoC型の小売プラットフォームで、衣類から電化製品、インテリア雑貨、食品までありとあらゆるものが販売されています。ただし出品のハードルが低い分、品質の悪い商品などが出品されているケースも散見されますので、購入の際には事前に商品や出品者の評価を確認するなど注意が必要です。

天猫(Tモール)

天猫(Tモール)は淘宝と同じアリババグループによって運営されていますが、審査を通過した企業のみが出品できるBtoC型の小売プラットフォームです。もともとは淘宝内に淘宝商城として運営されたものが、2012年1月に淘宝から独立して天猫になりました。厳しい審査があるため、商品の品質や真贋は保証されていて、7日以内なら無条件返品が可能などアフターサービスも充実しています。毎年11月11日には独身の日として『双11』と呼ばれる大規模なセールが開催されます。

アリババ(1688)

アリババ(阿里巴巴)は1999年にアリババグループが最初のサービスとして開始した卸売りプラットフォームです。アリババは中国国内向けの『1688.com』と海外市場向けの『alibaba.com』に分かれています。アリババは卸売りのサービスですが、1点から購入可能な商品も数多くあります。また多くの数量を一度に購入することで、数量に応じた割引があるのも特徴です。原材料や機械部品などから、衣類、電化製品などの完成品まであらゆる分野の商品を低価格で購入できます。

京東(JD)

京東(ジンドン)は2004年1月にスタートしたBtoC型のECサービスで、中国では淘宝や天猫などアリババグループのサービスに次ぐ人気を集めています。京東の自社販売や審査を通過した企業の出店が中心なので商品の品質が保証されているのが特徴です。また自社の物流網を持つため、商品配送やアフターサービスにも定評があります。家電、デジタル、インテリア、ファッション、育児、玩具、書籍、食品など日常生活で必要なものはほとんど揃っています。

拼多多(ピンドゥオドゥオ)

拼多多(ピンドゥオドゥオ)は2015年9月にスタートした共同購入型のECサービスです。共同購入の形で人気の商品を低価格で販売することで近年急速に人気を伸ばしています。SNSで人気の商品などを非常に安く購入できるのは魅力ですが、中には品質に問題のある商品も含まれているため注意が必要です。

ご利用案内
初めてご利用の方はこちら
CNNECTについて
無料会員登録はこちらから
新規会員登録
会員登録がお済みの方はこちらから
会員ログイン
淘宝・アリババの全商品を注文可能
CNNECTツール
重量とサイズから概算送料を計算
国際送料の計算
営業カレンダー
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
トピック
2021/10/9
イタリア高級ブランドのPRADAが上海の野菜市場をジャック

2021/9/24
人気動画配信者収入ランキングから中国芸能人がこぞってライブコマースを始める理由が明らかに

2021/9/20
『ICICLE之禾』が日本に初出店。今後3年間で5店舗を開店予定。
最近の到着レポート
届きました。 いつも、ありがとうございます。
報告日時2021年10月19日 14:50

今回も利用させていただきました。届いた商品は、注文時のページの写真とちゃんと照らし合わせて確認しないと、届いてからあれ?ってなることが多いです。 それでも、写真を送っていただけるだけ本当に助かっています。色違いや、商品のディティールがまったく違うなどがありますが、わりと高い確率で返品ができません。完全に間違っていてもダメな場合が多い、どうしようもないのでしょうけど、日本のようにはいきませんね。
報告日時2021年10月18日 16:29

無事に届きました。 ありがとうございました!
報告日時2021年10月17日 13:13
よくある質問