最近中国で話題になっているトピックやニュースをご紹介します

  1. トップページ
  2. >
  3. トレンド
  4. >
  5. トピック
  6. >
  7. トピックの詳細

中国では春節期間中も営業を続ける運送業者が増加。ただし春節特別料金を課す業者も。

2023年1月18日無錫新伝媒

中国では毎年、旧暦の正月である春節が近づくと、多くの人が春聯倒福春節ランタン春節ウォールステッカーなど新年を彩る装飾品を買いに走る。近年はこれらのアイテムをオンラインで購入する人も増えたため、春節前後には宅配便需要の大きな波が到来する。かつては春節に合わせて休業する宅配業者が多かったが、新たな需要に応えるため春節期間中も営業を続ける業者が増加傾向にある。実際に中国郵政、順豊(SF Express)、京東物流、徳邦、極兔、中通などの主要な宅配業者は春節期間中も休まずに営業を続けることを公表している。

もちろんこれらの業者も全ての配送センターを稼働し続けてるわけではない。春節期間中、運送業者は人員リソースを柔軟に配分するために、オフィス街や学生街などの人員を削減し、需要の高い地域の配送センターに絞って営業する。中国人にとって春節は最も大切な祝祭日で、この期間合わせて帰省する人が多い。そのため多くの企業にとって人員確保は悩みの種になっている。営業を続ける運送業者も、人員確保に割り当てるために、春節期間中の配送に追加料金を課す場合が多い。順豊では20kgを超える荷物に追加料金を課す。徳邦は重量に応じて0.3~0.5元/kgが加算される。円通、申通、中通などの運送業者も一般には公開していないが、提携企業に対して春節期間中の値上げを通知している模様だ。

その一方でアリババグループが運営する菜鳥裹裹は、春節期間中も休まずに営業するが、一般消費者に対する値上げは行わないことを発表している。春節期間中も全国103都市で通常どおりサービスを提供するが、配送料の値上げは菜鳥裹裹が補填する形をとり、消費者への価格へは転嫁されないようだ。

関連トピック

初めてご利用の方はこちら
CNNECTについて
無料会員登録はこちらから
新規会員登録
会員登録がお済みの方はこちらから
会員ログイン
淘宝・アリババの全商品を注文可能
CNNECTツール
重量とサイズから概算送料を計算
国際送料の計算
営業カレンダー
2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
トピック
最近の到着レポート
ETKで5日で届きました。 最近、注文の際、数量の横に元の金額が出ません。 いちいちカートを見ないと金額がわからず、カートに入れたり削除したりの作業が面倒なので以前の金額がすぐわかる状態にしてもらえたら助かります。 またよろしくお願いします。 ありがとうございました。
報告日時2023年1月28日 21:43

お世話になっております。 無事に届きました。 有難う御座いました。
報告日時2023年1月23日 18:10

無事、届きました。 ありがとうございました。
報告日時2023年1月23日 13:38
よくある質問