最近中国で話題になっているトピックやニュースをご紹介します

  1. トップページ
  2. >
  3. トレンド
  4. >
  5. トピック
  6. >
  7. トピックの詳細

微信支付が電子領収書の発行機能を追加。ユーザーはレジで2次元バーコードをスキャンするだけで電子領収書を受領。

2016年5月19日手机中国

5月17日微信は北京で開催した微信支付参加店舗向けのセミナーにおいて電子領収書発行機能を発表した。中国において領収書は発票(ファーピャオ)と呼ばれ、日本のように事業者が自由に発行できるものではなく、税務機関から購入した専用用紙を用いて発行する必要がある。

レストランで食事をする時など領収書が必要な機会は多い。しかし従来の紙の領収書は環境に優しくないだけではなく、発行時に従業員に宛名を伝えてから記入してもらうなど時間の無駄も多い。今回微信が発表した「発票通平台(領収書発行プラットフォーム)」を使うと、レジでレストランが提示する2次元バーコードをスマートフォンでスキャンするとすぐに電子領収書が発行される。京東商城やバーガーキングなどは既にこのサービスを導入している。今後電子領収書の発行に対応する企業は更に増えていく見込みだ。

電子領収書を受け取ったユーザーは自分で会社名などの宛名を入力する。現時点で多くの企業が電子領収書が正式な経費の証明になると認めているが、もし電子領収書が経費として認められない場合は、自分でプリントアウトすれば問題ない。

その他に微信支付は電子会員カード機能も開始している。既に多くの企業や店舗が従来の会員カードから電子会員カードに置き換えている。便利で環境に優しく、カードを持ち歩く煩わしさもない。スマートフォンを利用するユーザーにとってデメリットは見つからないだろう。

関連トピック

2021/7/7
人気中国アニメ『縁結びの妖狐ちゃん』が6周年を記念して平遥古城でファン感謝イベントを開催
2021/7/6
エアコンが発電所になる?格力CEOが新技術を発表
2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
2020/9/29
知乎と騰訊安全がコミュニティーの健全化計画を発表。共同で悪徳業者撲滅を目指す。
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
2020/9/25
BiliBiliが中国ネット企業として初めて動画撮影用の人工衛星打ち上げに成功
初めてご利用の方はこちら
CNNECTについて
無料会員登録はこちらから
新規会員登録
会員登録がお済みの方はこちらから
会員ログイン
淘宝・アリババの全商品を注文可能
CNNECTツール
重量とサイズから概算送料を計算
国際送料の計算
営業カレンダー
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
トピック
2021/10/9
イタリア高級ブランドのPRADAが上海の野菜市場をジャック

2021/9/24
人気動画配信者収入ランキングから中国芸能人がこぞってライブコマースを始める理由が明らかに

2021/9/20
『ICICLE之禾』が日本に初出店。今後3年間で5店舗を開店予定。
最近の到着レポート
届きました。 いつも、ありがとうございます。
報告日時2021年10月19日 14:50

今回も利用させていただきました。届いた商品は、注文時のページの写真とちゃんと照らし合わせて確認しないと、届いてからあれ?ってなることが多いです。 それでも、写真を送っていただけるだけ本当に助かっています。色違いや、商品のディティールがまったく違うなどがありますが、わりと高い確率で返品ができません。完全に間違っていてもダメな場合が多い、どうしようもないのでしょうけど、日本のようにはいきませんね。
報告日時2021年10月18日 16:29

無事に届きました。 ありがとうございました!
報告日時2021年10月17日 13:13
よくある質問