最近中国で話題になっているトピックやニュースをご紹介します

  1. トップページ
  2. >
  3. トレンド
  4. >
  5. トピック
  6. >
  7. トピックの詳細

微信支付が電子領収書の発行機能を追加。ユーザーはレジで2次元バーコードをスキャンするだけで電子領収書を受領。

2016年5月19日手机中国

5月17日微信は北京で開催した微信支付参加店舗向けのセミナーにおいて電子領収書発行機能を発表した。中国において領収書は発票(ファーピャオ)と呼ばれ、日本のように事業者が自由に発行できるものではなく、税務機関から購入した専用用紙を用いて発行する必要がある。

レストランで食事をする時など領収書が必要な機会は多い。しかし従来の紙の領収書は環境に優しくないだけではなく、発行時に従業員に宛名を伝えてから記入してもらうなど時間の無駄も多い。今回微信が発表した「発票通平台(領収書発行プラットフォーム)」を使うと、レジでレストランが提示する2次元バーコードをスマートフォンでスキャンするとすぐに電子領収書が発行される。京東商城やバーガーキングなどは既にこのサービスを導入している。今後電子領収書の発行に対応する企業は更に増えていく見込みだ。

電子領収書を受け取ったユーザーは自分で会社名などの宛名を入力する。現時点で多くの企業が電子領収書が正式な経費の証明になると認めているが、もし電子領収書が経費として認められない場合は、自分でプリントアウトすれば問題ない。

その他に微信支付は電子会員カード機能も開始している。既に多くの企業や店舗が従来の会員カードから電子会員カードに置き換えている。便利で環境に優しく、カードを持ち歩く煩わしさもない。スマートフォンを利用するユーザーにとってデメリットは見つからないだろう。

関連トピック

2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
2016/8/19
テンセントが時価総額でアリババを上回る。堅調な四半期決算発表を受けて株価が上昇、中国IT企業で時価総額が最大に。
2016/7/28
8月8日は微信支付が提唱する「NO現金デー」。今年はKFC、ウォルマート、セブンイレブンなど、昨年の8倍以上となる約70万店が参加。
2016/5/21
「愛してる」の日。微信紅包が5月20日の24時間限定で送金限度額を520元に変更。
2016/4/19
微信が企業向けグループウェアの企業微信を公開。アリババの釘釘に正面から対抗。
2016/3/10
ファーウェイが独自のモバイル決済サービス「Huawei Pay」を発表。
初めてご利用の方はこちら
CNNECTについて
無料会員登録はこちらから
新規会員登録
会員登録がお済みの方はこちらから
会員ログイン
淘宝・アリババの全商品を注文可能
CNNECTツール
重量とサイズから概算送料を計算
国際送料の計算
営業カレンダー
2022年12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
トピック
2022/12/3
拼多多、四半期の純利益が初めて100億元を突破。淘宝や京東を追い越す日は来るのだろうか?

2022/11/27
抖音、ワールドカップ効果でサッカーユニフォームの売り上げが5倍以上に

2022/11/13
天猫、双11セール開始以来14年間で初めて、期間中流通総額の公開を見送る
最近の到着レポート
今回は一番最初の注文から我が家に到着までに10日程しかかかっておらずめちゃくちゃ早く届いて大満足です。商品も問題ありませんでした。 1ヶ月以上前に注文した別の商品は発送して頂いてから1ヶ月程が経ちまだ全然届いてないのもありますがそれはeパケットにしてしまった為だと思うのでこれからはEMSかETKとかの方が良いなとあらためて思います。 またこれからもよろしくお願い致します。 ありがとうございました。
報告日時2022年12月9日 10:44

届きました! ありがとうございました!
報告日時2022年12月8日 13:07

無事に届きました。 ありがとうございます!
報告日時2022年12月6日 14:13
よくある質問