最近中国で話題になっているトピックやニュースをご紹介します

  1. トップページ
  2. >
  3. トレンド
  4. >
  5. トピック
  6. >
  7. トピックの詳細

微信支付(WeChat Pay)が国際決済を試験運用中。近い将来海外店舗に全面開放される予定。

2015年11月26日科技訊

中国のモバイル決済市場ではアリババの支付宝(AliPay)とテンセント微信支付(WeChat Pay)が熾烈な覇権争いを続けている。今年に入り支付宝は続々と海外進出を始めているが、微信支付も近い将来海外店舗に向けて開放されることが明らかになった。

微信支付は将来的には全ての海外店舗に対し開放される予定だが、現在は店舗を限定して試験運用を行っている。しかし現時点でも次の2つの条件を満たす店舗であれば申し込みが可能だ。その条件は現地に法人登記されていること、独自のホームページまたはアプリを持っていることである。

微信支付は、華南銀行やオーストラリアロイヤルペイ、香港通泰など国内外の数十社の金融機関と提携し国際決済システムを実現している。これにより微信支付のサービスは香港・マカオ・台湾、東南アジア、欧米、中東、オセアニアの20以上の国と地域で利用可能になる。

微信支付を利用すると、ユーザーは海外で買い物をする際に外貨両替が不要になる。会計のときにレジで微信の二次元バーコードを提示し、パスワードを入力すれば人民元で支払いが完了する。その後システムが自動的に現地通貨で加入店舗に支払いをする。現時点で微信支付の国際決済は米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円、カナダドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、香港ドル、韓国ウォンの9つの外貨に対応している。

微信支付は国際決済業務に関して徹底的な開放戦略を続けていくことを表明している。同社は基礎システムのみを提供し、実際の運用などは現地の事情に詳しい提携企業に委ねていくという。

テンセントの2015年第3四半期の決算報告によると微信の月間アクティブユーザーは6.5億人に達している。このうち約60%のユーザーが微信支付を利用できる環境にあるという。

関連トピック

2021/7/7
人気中国アニメ『縁結びの妖狐ちゃん』が6周年を記念して平遥古城でファン感謝イベントを開催
2021/7/6
エアコンが発電所になる?格力CEOが新技術を発表
2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
2020/9/29
知乎と騰訊安全がコミュニティーの健全化計画を発表。共同で悪徳業者撲滅を目指す。
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
2020/9/25
BiliBiliが中国ネット企業として初めて動画撮影用の人工衛星打ち上げに成功
初めてご利用の方はこちら
CNNECTについて
無料会員登録はこちらから
新規会員登録
会員登録がお済みの方はこちらから
会員ログイン
淘宝・アリババの全商品を注文可能
CNNECTツール
重量とサイズから概算送料を計算
国際送料の計算
営業カレンダー
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
トピック
2021/10/9
イタリア高級ブランドのPRADAが上海の野菜市場をジャック

2021/9/24
人気動画配信者収入ランキングから中国芸能人がこぞってライブコマースを始める理由が明らかに

2021/9/20
『ICICLE之禾』が日本に初出店。今後3年間で5店舗を開店予定。
最近の到着レポート
届きました。 いつも、ありがとうございます。
報告日時2021年10月19日 14:50

今回も利用させていただきました。届いた商品は、注文時のページの写真とちゃんと照らし合わせて確認しないと、届いてからあれ?ってなることが多いです。 それでも、写真を送っていただけるだけ本当に助かっています。色違いや、商品のディティールがまったく違うなどがありますが、わりと高い確率で返品ができません。完全に間違っていてもダメな場合が多い、どうしようもないのでしょうけど、日本のようにはいきませんね。
報告日時2021年10月18日 16:29

無事に届きました。 ありがとうございました!
報告日時2021年10月17日 13:13
よくある質問