最近中国で話題になっているトピックやニュースをご紹介します

  1. ホーム
  2. >
  3. トレンド
  4. >
  5. トピック
  6. >
  7. トピックの詳細

アリババによるNetflix買収の噂が市場を駆け巡る。巨大な中国コンテンツ市場を制するために楽視に対抗か?

2016年8月7日騰訊新聞

アリババがアメリカのオンライン動画配信サービスNetflix(ネットフリックス)を買収するのではという噂が市場を駆け巡った後、8月5日金曜日Netflixの株価は終値で3.5%上昇した。この日Netflixの株価は最大で4%上昇し、97.17ドルの最高値をつけた。

ここ数年アリババは巨大な中国コンテンツ市場を制するため、積極的に事業を展開してきた。その最大の一手として昨年末「Tmall box office」というオンライン動画配信サービスを開始した。2015年6月アリババグループ、デジタルエンターテイメント部門総裁の劉春寧氏はこう話している。「我々、そしてアリババグループの使命はホームエンターテイメントを再定義することだ。我々はアメリカのHBOやNetflixを目標にしている。」

つい先日、オンライン動画配信サービスの楽視がアメリカ最大のテレビ製造メーカーVizioを買収するというニュースが流れた。楽視は動画配信からスマートフォン製造、自動運転車開発まで手広く事業を展開している。アリババにとって中国コンテンツ市場制覇に向けての障壁がまたひとつ増えた。ますます競争が激化しつつある中国コンテンツ市場だが、もしアリババによるNetflix買収が実現すれば市場局面を一変させる大きな出来事になるだろう。

アメリカの市場分析会社デットウィラー・フェントンのアナリストはこう話している。「アリババがNetflixを飲み込むのはいとも簡単だろう。アメリカ市場は既に成熟期に達し飽和状態なので、アメリカにおけるNetflixの成長スピードは非常に遅い。」先週の金曜日、アリババによる買収の噂を受けてNetflixの株価は上昇したものの、それまでの1か月間で同社の株価は2.71%下落していた。7月末に同社が財務状況を発表した際、一時的に15%近く下落したこともあった。

初めてご利用の方はこちら
CNNECTについて
無料会員登録はこちらから
新規会員登録
会員登録がお済みの方はこちらから
会員ログイン
淘宝・アリババの全商品を注文可能
CNNECTツール
重量とサイズから概算送料を計算
国際送料の計算
営業カレンダー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
トピック
最近の到着レポート
今回は商品を注文後にすぐに買い付けが完了して発送までがすごい早くて助かりました。 ETKでは6日で届きました。 もう何度お世話になったかわからないくらい頻繁に利用させてもらってます。 これからもまたよろしくお願い致します。
受取日時2024年7月15日 15:04

いつもお世話になっております。 ETKで6日で届きました。 今回は色が選べない商品があった為別のお店で購入し直しましたが若干高くついたので残念でしたがしょうがないですね〜 いつもお安くで購入出来て助かっております。 ありがとうございました。
受取日時2024年7月15日 15:01

今回はETKで6日で届きました。 今回は珍しく2次請求が数日経っても連絡がなく遅かったのでこちらからまだですか?と連絡させてもらったらその後すぐに対応をして下さいました。 早く発送して欲しいので2次請求は早めにして頂くと助かります。 ではまたよろしくお願い致します。
受取日時2024年7月15日 14:57
よくある質問