最近中国で話題になっているトピックやニュースをご紹介します

  1. トップページ
  2. >
  3. トレンド
  4. >
  5. トピック
  6. >
  7. トピックの詳細

京東が実際に注文された商品をドローンで配送。直線距離5キロの輸送に成功。

2016年6月10日騰訊新聞

2016年6月8日、京東は江蘇省宿遷市の農村地区でドローン配送のテストを公開した。今回の配送テストで披露されたドローンは3種類で、積載重量は10~15kg。自動で荷受け・荷卸しが可能なモデルで、運航距離は5キロに達する。

京東はこれまでもドローン配送に関して大々的なPRを行ってきたが、今回の配送テストでは農村地区の住民が実際に京東で注文した商品が利用されたことで注目を集めた。この日、京東のドローンは宿遷市曹集鄉から飛び立ち、直線距離5キロを約10分で飛行して、孫莊鄉村まで商品を無事に届けた。この区間は地形の起伏が激しく、道路の両脇に農民が農作物を干していたりして、車両による移動が不便な地域だ。宿遷市では今後もドローンによる配送テストを続けていくという。

京東がドローン配送で目指しているのは農村地区における配送効率の改善である。農村地区は人口密度が低く、大都市のように多くの注文があるわけではない。しかし現状では注文が少ししかないとしても、配送員はトラックを運転して商品を届ける必要がある。農村地区の道路状況が悪いことも相まって、配送員の時間的ロスは大きい。特に雲南省や貴州省などの険しい山間地区では直線距離15キロの配送に半日近くかかる場合もあるが、このような地区においてもドローンは最短距離で移動できる。京東は農村地区の配送にドローンを活用することで配送効率を高め、配送コストを削減することを目論んでいる。

現在までに京東は中国内の4省でドローンの空輸許可を得ている。次に京東が目指すのは45キロを往復するドローン配送を成功させることだ。

関連トピック

2022/3/21
子供向けスポーツウェアブランドのmoodytigerがSNOW51と初の実店舗を上海に出店
2021/7/7
人気中国アニメ『縁結びの妖狐ちゃん』が6周年を記念して平遥古城でファン感謝イベントを開催
2021/7/6
エアコンが発電所になる?格力CEOが新技術を発表
2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
2020/9/29
知乎と騰訊安全がコミュニティーの健全化計画を発表。共同で悪徳業者撲滅を目指す。
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
初めてご利用の方はこちら
CNNECTについて
無料会員登録はこちらから
新規会員登録
会員登録がお済みの方はこちらから
会員ログイン
淘宝・アリババの全商品を注文可能
CNNECTツール
重量とサイズから概算送料を計算
国際送料の計算
営業カレンダー
2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
トピック
2022/3/21
子供向けスポーツウェアブランドのmoodytigerがSNOW51と初の実店舗を上海に出店

2021/10/9
イタリア高級ブランドのPRADAが上海の野菜市場をジャック

2021/9/24
人気動画配信者収入ランキングから中国芸能人がこぞってライブコマースを始める理由が明らかに
最近の到着レポート
毎度ありがとうございます。 本日付けにてお品物を受理いたしましたためご一報いたします。 この度はお取引をありがとうございました。
報告日時2022年6月28日 13:29

スカーフの袋にシルク100%の表記がありました。確認しましたところポリエステル素材とのことで、シルクではなかったのですが、少々混乱しました。こちらは何故か船便だったので、到着まで1月以上かかってしまいました。発送方法についても、確認漏れのないよう気をつけたいです。
報告日時2022年6月28日 11:54

毎度ありがとうございます。 昨日付けにてお品物を受理いたしましたためご一報いたします。この度はお取引をありがとうございました。
報告日時2022年6月28日 7:11
よくある質問