最近中国で話題になっているトピックやニュースをご紹介します

  1. トップページ
  2. >
  3. トレンド
  4. >
  5. トピック
  6. >
  7. トピックの詳細

京東がドローンを使って農村地区への配送を計画中。京東物流研究センターはドローン配送など次世代の物流技術を研究。

2016年1月31日騰訊新聞

1月29日、京東物流研究センターは江蘇省宿遷市でドローンによる配送テストを公開した。この日のテストではドローン配送の工程、飛行管理システム、管理設備、作業員の役割などの確認が行われた。

今回京東がテストしたドローン配送は、他のECサイトや物流会社が計画しているようなエンドユーザーまで商品を配達するものではない。京東はドローンを利用して、配送センターから農村地区にいるサービスパーソンまで荷物を輸送するテストをしている。サービスパーソンは京東と契約している個人で、主に農村地区での最終配達を請け負う。

2015年末時点で京東は中国全土に700店以上の直営配送センターを設置し、27省の約800県にサービスを提供している。それに加え約15万人のサービスパーソンと契約していて、サービスパーソンは約12000の郷鎮(中国の小規模な行政区、村)に住む25万人以上の農民に商品を届ける役割を担っている。その他に「京東幇」と呼ばれるフランチャイズの配送センターが全国に1293店あり、31省の約1300県と約20000の郷鎮にサービスを提供している。

京東物流研究センターは、ドローン配送は操作性が高く運送効率を高めることができ、農村地区に住むユーザーの利便性を改善できると、主張している。一般的に配送センターから村までの直線距離は10キロに満たないが、地形は起伏が激しいため配達員は時に半日以上の時間をかけて配達しなければいけない。しかしこのような地区の荷物は重量や体積があまり大きくないため、この区間の輸送にはドローンを利用するのが適しているのだという。

ドローン配送テストが終わった後、京東物流研究センターは、将来自社でドローンの開発と生産を行う計画があることを明らかにした。ドローン配送管理センターを設立して、できるだけ早期にドローン配送の実用化を目指すという。京東物流研究センターは次世代の物流技術の研究に力を入れていて、京東の物流効率やカスタマーエクスペリエンスを改善することを目指している。同センターの研究にはドローン配送だけではなく、全自動物流センターやアーム型倉庫ロボット、自動運転車両なども含まれている。

国外に目を向けると米アマゾンがドローン配送のテストを実施しており、半径1.6キロ圏に住むユーザーへ30分以内で商品を届けることを目指している。中国内では宅配便業者大手の順豊速運やライバルECサイトの淘宝がドローン配送のテストを行っている。

初めてご利用の方はこちら
CNNECTについて
無料会員登録はこちらから
新規会員登録
会員登録がお済みの方はこちらから
会員ログイン
淘宝・アリババの全商品を注文可能
CNNECTツール
重量とサイズから概算送料を計算
国際送料の計算
営業カレンダー
2022年12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
トピック
2022/12/3
拼多多、四半期の純利益が初めて100億元を突破。淘宝や京東を追い越す日は来るのだろうか?

2022/11/27
抖音、ワールドカップ効果でサッカーユニフォームの売り上げが5倍以上に

2022/11/13
天猫、双11セール開始以来14年間で初めて、期間中流通総額の公開を見送る
最近の到着レポート
毎度ありがとうございます。昨日付けにてお品ものを受理いたしました。この度はお取引をありがとうございました。
報告日時2022年11月29日 9:51

毎度ありがとうございます。ご送付されたお品物をご受理いたしました。この度は、お取引をありがとうございました。
報告日時2022年11月29日 8:01

いつもご対応ありがとうございます。 今回も発注から2週間程度のETK便で商品到着しました。 発送から到着までの期間的に国際便にしては早いのでETK便の安定度に満足しています。今回は箱があって潰れる商品ではありませんでしたので、商品が潰れておらず、品質にも満足しています。 またリピート発注の予定ですので今後ともよろしくお願いします。
報告日時2022年11月28日 12:10
よくある質問