最近中国で話題になっているトピックやニュースをご紹介します

  1. トップページ
  2. >
  3. トレンド
  4. >
  5. トピック
  6. >
  7. トピックの詳細

陌陌は来年2月に非上場化をし、その後2017年に国内の新興市場に再上場することを検討中

2015年9月25日騰訊科技

1億人以上のユーザーを抱える人気SNSアプリである陌陌(モーモー)を運営する北京陌陌科技が米ナスダックから非上場化するという情報が流れている。この情報によると北京陌陌科技は2016年2月に非上場化を完了し、2017年中に中国国内の新興市場に再上場することを検討中だという。

現在、陌陌が目標にしているのはテンセント(騰訊)が運営するのWeChat微信)やQQのビジネスモデルだ。これらは中国の代表的なSNSアプリになっている。

投資機関は、テンセントが中国国内市場に戻る可能性は低い、人人網は既に人気を失っている、新浪微博はメディアに分類されるし日に日に勢いを失っている。その点で今後3~5年の間、陌陌は国内市場のSNSサービスでは唯一の期待できる存在である。投資対象の乏しさから、陌陌に投資は集まり、それが今後の成長を助長するだろうと予測する。

2011年の時点でテンセントの1ユーザーあたりの収益は42元となっていて、その後も増加している。それに対し陌陌の1ユーザーあたりの収益は8元で、まだまだ成長の余地はある。

陌陌の2015年第1四半期の営業利益は600万元であった。これはアリババや58同城とのコラボレーション企画が功を奏した結果だ。陌陌は役員会において、1株当たり18.90ドルの株式公開買い付けを行い非上場化をすることについて、大株主であるCEOの唐岩や経緯中国、紅杉資本などからの承認を得ている。9月24日の時点で、陌陌の株価は10.96ドルで、公開買い付けの価格は18.90ドルなので、その差は72.4%もある。これは陌陌の株価が低迷している影響ともいえるし、陌陌の公開買い付けに対する自信のなさの表れともいえるし、陌陌が今後公開買い付け価格を下げる可能性が高いともいえる。

ただし現時点で陌陌は非上場化の進展や国内市場への再上場について公式な見解は発表していない。

関連トピック

2021/7/7
人気中国アニメ『縁結びの妖狐ちゃん』が6周年を記念して平遥古城でファン感謝イベントを開催
2021/7/6
エアコンが発電所になる?格力CEOが新技術を発表
2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
2020/9/29
知乎と騰訊安全がコミュニティーの健全化計画を発表。共同で悪徳業者撲滅を目指す。
2020/9/26
拼多多が年末特番のお年玉企画協賛パートナーに決定
2020/9/25
BiliBiliが中国ネット企業として初めて動画撮影用の人工衛星打ち上げに成功
初めてご利用の方はこちら
CNNECTについて
無料会員登録はこちらから
新規会員登録
会員登録がお済みの方はこちらから
会員ログイン
淘宝・アリババの全商品を注文可能
CNNECTツール
重量とサイズから概算送料を計算
国際送料の計算
営業カレンダー
2021年9月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
トピック
2021/7/7
人気中国アニメ『縁結びの妖狐ちゃん』が6周年を記念して平遥古城でファン感謝イベントを開催

2021/7/6
エアコンが発電所になる?格力CEOが新技術を発表

2020/9/30
携程が決済ライセンスを取得予定を発表
最近の到着レポート
初めて御社を利用させていただきました。 昨日無事に届きました。ありがとうございました。 また利用したいと思いますのでよろしくお願いいたします。
報告日時2021年9月15日 22:34

今回初めて利用させて頂きました。迅速丁寧にご対応頂きありがとうございます。またお願いしたいと思いますので、宜しくお願いいたします!
報告日時2021年9月12日 9:37

初めての中国輸入でした。無事に到着しました。有難うございました。 もっと早く着くと思っていましたので、想像以上に時間がかかる事が解りました。 これからもよろしくお願いします。
報告日時2021年9月7日 18:51
よくある質問